2022年02月28日

第3回道南理学療法士学術研修大会

2022.2.26

理学療法士の竹内です。
第3回道南理学療法士学術研修大会の大会長を務めさせていただきました。テーマが「運動器変性疾患発症の要因から予防を考える」でした。このテーマとした理由は、介護予防事業を行っている中で運動器変性疾患の予防というのは理学療法士が最も求められるところと感じているからです。また、変性疾患の中でも変形性膝関節症と腰部変性疾患は発症率が高く特に予防すべき疾患とされております。
そのため、本大会では膝のスペシャリストとして北海道科学大学の井野拓実先生、腰のスペシャリストとして背骨・骨盤コンディショニング こしラボ代表の谷口英一先生を講師にお招きし、講演とシンポジウムを行いました。
講演はお二人とも大変わかりやすく、そして深いところまで説明していただきました。質疑応答も活発に行われ、参加者も大満足な内容だったかと思います。シンポジウムのテーマは「発症要因から予防を考える」として講師が予防事業で行っていることや、予防事業の進め方などをお話していただきました。また、ご講演いただいた発症要因からどうすれば予防できるかをディスカッションしました。
変性疾患の予防や治療戦略を考える上で、大変有益な情報を多く知ることができました。講師を快諾していただいた、井野先生と谷口先生に深く深く感謝致します。当院は今後も、函館市の健康寿命延伸のために積極的に介護予防事業を行っていきたいと思います。

第3回 道南理学療法士学術研修大会 案内文兼ポスター.pdf
posted by 医療法人社団山樹会 平山医院 at 16:50| Comment(0) | 日記

2021年12月20日

U−18フットサル選手権大会 函館地区予選

2021/12/18

理学療法士の長谷部 一樹・古藤 大成が函館市で開催されたU−18フットサル選手権大会に函館商業高等学校のメディカルスタッフとして帯同させていただきました。
試合前はマッサージやストレッチング指導、障害予防または障害の悪化予防としての運動指導や運動療法の実施、テーピング等で選手に対して対応させていただきました。
試合中は接触プレーや競技動作で怪我をした選手に対しての応急治療を実施することもありました。
今大会では函館地区優勝という結果を収め、函館代表として2月に行われる全道大会への出場権を獲得しました。全道大会までの期間で怪我のケアや障害予防トレーニング、パフォーマンス向上に繋がるトレーニングのサポートをしていきたいと考えております。
今後もチームが更なる活躍を出来るようチームスタッフ、マネージャー等と共に協力していきます。
また、競技を問わずスポーツに対する支援・障害予防や高齢者の介護予防等を当院は積極的に行っておりますので、平山医院リハビリテーション課にご相談ください。
表彰式.jpg

集合写真.jpg
posted by 医療法人社団山樹会 平山医院 at 18:21| Comment(0) | 日記

2021年11月02日

介護関係職員医療連携支援事業 in 上ノ国

2021.10.30(土)
上ノ国町で標記事業の講師として、理学療法士中島、長谷部、作業療法士原田で研修会を行わせていただきました。
本事業は前回の7月と、今回、1月の3回行う予定であり、今回は転倒で多い上肢の骨折について作業療法士の原田が講演させていただきました。
内容としては、
・上肢に多い骨折
・握力測定
・認知症について
・肩こり体操
を実施しました。日頃関わる機会の多い骨折や、認知症の方への対応などを現場の介護士さんと共有させて頂き、また多くの質問も頂くことができ、こちらも勉強となりました。皆様の臨床にお役立て頂けたら幸いです。
次回は1月29日(土)、転倒で多い下肢の骨折について説明させていただく予定です。

IMG_2762.JPG
IMG_2770.JPG
posted by 医療法人社団山樹会 平山医院 at 11:46| Comment(0) | 日記